幽霊画 其の七


 

三遊亭円朝の名作「怪談 牡丹燈籠」に出てくる「お露」の幽霊
恋しい新三郎の元へ死んでもなお通い続けるお露 しかし新三郎は
家の周りにお札を貼ってお露が中に入ってこれなくしてしまいます
お露は伴蔵と言う人物に百両という お金と引き換えに お札を
剥がしてもらい家の中へ・・・。翌朝 新三郎は骸骨にまとわり憑かれ
死体となって発見される・・・。

いつもお露の横にいる 女中の「お米」が描かれていないのが
ちょっとさびしい この絵は明治頃の作品と思われるが落款は無い


メニューヘ戻る

ホームへ戻る



inserted by FC2 system