幽霊画 其の参


 

                     

有名な円山応挙の幽霊画の写しと思われる作品 応挙の幽霊は
右手を懐に入れ 腰帯のあたりまで描かれていますが この作品は
上半身のみが描かれています しかし構図は明らかに応挙の描いた
幽霊を真似ています 作者は「直愛筆」とあります

 

部分拡大図



メニューへ戻る

ホームへ戻る



inserted by FC2 system