幽霊画 其の拾弐


 

       

雪深い山中の岩場に鎮座する一人の僧侶 その目の前では どう言う
曰くかは わかりませんが 一人の幽霊が僧侶の弟子によって
あの世へ成仏するための有り難い引導を手渡されている所と解釈
できます 多分 この幽霊は長い間 あの世とこの世の間をさまよって
いたのでしょう それが今 この僧侶によって成仏しようとしています

作者は 藝山と言う人物 賛は 退峯玄朗と言う僧侶と思われますが
詳細は不明! 明治六年の年号が伺えます

 

部分拡大



メニューへ戻る

ホームへ戻る



inserted by FC2 system