精工舎製 丸型掛時計





明治25年6月 服部時計店の店主だった服部金太郎は 東京の本所石原町に時計製造会社「精工舎」を設立し
時計製造を開始しました 当初は 技師の吉川鶴彦以下10数人でのスタートでしたが それがやがて日本を
代表する時計製造会社へと成長します 設立当初 この石原町は 民家のたくさんある所だったため 工場の
騒音が問題となり 明治26年10月に 本所柳島に工場を移転しました ですから石原町時代に作られた時計は
数が少ないため 特にマニアの間でも人気があります この時計は残念ながら石原町時代のものではありませんが
12インチという存在感のある紙製文字盤と欅製のケースが格調高い雰囲気を醸し出しています 高さは60cmです



               

左は振り子室内のラベル! 右は機械の刻印  

 

メニューヘ戻る

ホームヘ戻る
 

inserted by FC2 system