タイヘイ・マーキュリー 新人歌手編

 

戦後 復活したタイヘイ・マーキュリーの所属歌手のうち 同社から新人歌手としてデビューし
活躍した歌手を レーベルで紹介しながら掲載してみました

 

 戦後のタイヘイで専属新人歌手第1号だったのが
 この藤島桓夫! 昭和25年6月に「あゝ東京へ汽車は行く」
 と言う曲でデビューし その後 「初めて来た港」「かえりの港」
 「また来た港」といった港シリーズがヒット!

 このレコードは 昭和32年4月に発売され大ヒットとなった
 「お月さん今晩は」 この曲は 星幸男こと遠藤実が
 「これでダメだったら音楽の道を諦めよう」と最後の決意で
 書いた一曲だそうで それが大ヒットとなり遠藤実の人生を
 左右した記念すべき一曲!

                              発売曲一覧

 昭和27年6月 タイヘイから「伊豆の十三夜」という曲で
 デビューし “アッ” と言う間にマーキュリーの看板歌手となった
 野村雪子! しかし人気絶頂だった昭和30年の春
 マーキュリーとは比べものにならないほどの契約金によって
 ビクターに引き抜かれてしまいました

 このレコードは 昭和28年10月に発売された
 「異人屋敷の夢の花」 当時の時代劇映画の中で
 お姫様が歌ってるような印象のとても素晴らしいアレンジです
 さすがは飯田景応! 片面は東海林太郎の「ジャワ旅愁」

                              発売曲一覧

 昭和29年8月に「櫓かこんで」という曲でデビューした由利章!
 でしゃばらず それでいて心地よく響くバリトンが魅力で
 デビュー曲では 喜代丸、矢代一恵と共演したのをはじめ
 青葉笙子と歌った「からかっちゃ嫌よ」や紅香と歌った
 「さくらかっぽれ」 西田佐智子とは「手拍子揃えて」など
 多くの歌手とデュエットで歌っています

 昭和33年の暮れに “心機一転” 名前を三島武雄に変え
 ヒットを願いますが大ヒットは生まれませんでした しかし
 マーキュリーに於いては忘れられない存在感のある
 歌手の一人です

                              発売曲一覧

 ビクターへと移籍してしまった野村雪子の後を担って
 昭和30年7月 「宵待ワルツ」「マドロス娘」の
 2曲A・B面でデビューした 我らのお恵ちゃんです

 期待に答えて「十九の浮草」「鳴門ちどり」など
 次々とヒットを飛ばし 昭和32年6月発売の この曲
 「未練の波止場」のヒットによって その人気を不動のものに
 しました その後 発売された「だから云ったじゃないの」の
 冒頭のセリフ「あんた 泣いてんのね・・・。」は
 当時の流行語にもなる大ヒットとなりました

                              発売曲一覧

 大阪の「エコー音楽学院」で声楽を学び  その後
 昭和30年に日本マーキュリーに入社し 翌年の
 昭和31年1月 「泣いて別れようぜ」でデビューした
 丹波篠山出身の佐々木潤!

 昭和32年1月に発売された この「アカシヤの街よさようなら」は
 彼の持ち味を余す所無く発揮させた “汽車もの” の最高傑作と
 言っても過言ではないでしょう! 飯田景応の編曲も
 さることながら 軽やかな佐々木潤の歌声がより一層
 この作品を盛り上げています

                              発売曲一覧

 昭和22年に 浪曲師 華井新に入門し華井満と名乗り
 後に華井新十郎という名で活躍していましたが
 昭和31年に 岸日出夫と言う名で「内緒で御座る」という
 曲を引っさげてマーキュリーから歌手デビューしました
 浪曲で鍛えた独特の声と節回しが人気で 後に
 真山一郎と改名します

 このレコードは 昭和34年6月発売の
 「マドロスさんにも夢がある」
 片面も同じく 真山一郎で「大地の流れ星」

                              発売曲一覧

 昭和31年6月 関西浪曲界の大看板だった芙蓉軒麗花が
 歌った歌謡浪曲「ろうきょく炭坑節」が関西からヒットし
 曲の中の囃し文句「テケッツノパァ」は当時の流行語にも
 なりました その後 「浪曲ラッパ節」「ろうきょく草津節」など
 歌謡浪曲という分野で人気を博しました

 「ろうきょく炭坑節」の作詞をしている 明石寿恵吉は彼女の夫で
 娘の芙蓉軒愛花も 昭和32年10月 母 麗花の歌う
 「利根の渡し守」というレコードのB面「出雲むすめ」という曲で
 マーキュリーからデビューをしています

                              発売曲一覧

 昭和31年9月 「伊那の恋唄」と言う曲で マーキュリーから
 デビューした西田佐智子! しかし 昭和33年には
 コロムビアによって引き抜かれ 浪花けい子の名で
 再デビューしますが 翌年の昭和34年 今度はポリドールに
 移籍して西田佐知子の名で「夜が切ない」という曲を
 引っさげて再登場! そして 翌年の昭和35年4月に出した
 「アカシヤの雨がやむとき」が大ヒットとなりました

 このレコードは 昭和32年2月にマーキュリーから発売された
 「てれつく踊り」 片面は 藤島桓夫で「花まつり男道中」

                              発売曲一覧




メニューヘ戻る

ホームヘ戻る



inserted by FC2 system