タイヘイ・マーキュリー 
移籍歌手編


戦後 復活したタイヘイ・マーキュリーの所属歌手のうち 他社で活躍の後 同社に移籍して
活躍した歌手を レーベルで紹介しながら掲載してみました

  キング時代には 目だったヒット曲が無かった瀬川伸!
  しかしタイヘイに移籍してからは「上州鴉」がヒットし
  これに気を良くして「甲州鴉」「遠州鴉」「天竜鴉」 と
  一連の「鴉シリーズ」を出し「港神戸のマドロスさん」など
  マドロス物も次々とヒットしました

  このレコードも そんな鴉シリーズの一つで「母恋鴉」
  片面は マドロス物で「港シスコのマドロスさん」
  発売されたのは 昭和29年1月です

  ご存知でしょうが 演歌歌手 瀬川瑛子の父!

                              発売曲一覧

  昭和9年にコロムビアから「こころ意気」「恋はひとすじ」と
  いう2曲カップリング盤でデビューし 翌 昭和10年9月に
  松平晃とのデュエットで発売された「夕日は落ちて」で
  ヒットを飛ばした 美人芸者歌手の豆千代姉さん!
  戦後は タイヘイ・マーキュリーの専属となり 日本調の曲から
  「二上りマンボ」のようなリズム歌謡まで器用にこなし
  タイヘイ・マーキュリーにもたくさんの曲を残しました

  このレコードは 昭和31年5月に発売された「ヒュルヒュル節」
  という曲で片面は 岸日出夫(真山一郎)の「内緒で御座る」

                              発売曲一覧

  東海林太郎と同様に発足間もないマーキュリーを支えた
  ベテラン歌手の一人 青葉笙子!

  このレコードは 昭和29年9月に出た「泪の国境」です
  作編曲は 戦後タイヘイの第一号作家であり マーキュリーにて
  多くの作品を手がけた島田逸平!

  瀬川伸の「酒場シャンソン」とのカップリング!

                              発売曲一覧

  昭和28年9月 マーキュリーの歌謡曲盤として
  最初に発売された記念すべき 第一号は キングから
  移籍したばかりの東海林太郎でした 曲は「江戸の花道」
  片面は青葉笙子の「涙のぼたん刷毛」

  マーキュリーでの東海林太郎には “これ” といった大ヒットは
  ありませんでしたが かつてポリドールで共に活躍した
  青葉笙子との共演による「金比羅満帆」や東海林太郎に
  しては珍しい軽快なサンバの曲「わたしのリモン」など
  バラエィーに富んだ作品をたくさん残しました

                              発売曲一覧

  岡晴夫が 昭和29年にキングからマーキュリーに移籍して
  最初に出したレコードが「途中下車」と「夢のフランス航路」
  の2曲がカップリングされた このレコード!

  岡晴夫は他の歌手と自分の歌が同じレコードのA・B面に
  なるのを嫌ったのだそうで マーキュリーから発売された
  全9曲6枚のうち このレコードを含む3枚(6曲)が
  A・B面とも岡晴夫の歌うレコード!

                              発売曲一覧

  昭和29年に テイチクからマーキュリーに移り
  名前を八志摩亀生に変え 「ルンバおてもやん」 という曲で
  再登場した鈴村一郎!

  「魚河岸の兄ちゃん」「大相撲ジャズ場所」などと言った
  面白いタイトルの曲も発売しました
  その後 昭和31年 名前を元の鈴村一郎に戻します
  このレコードは その昭和31年5月に発売された「御勘弁」
  片面は 佐々木潤の唄で「木曾の渡り鳥」です

                              発売曲一覧

  広島工業学校を卒業の後 下八川圭祐に師事し 昭和25年に
  ビクターから「青春エレジー」という曲でデビューした
  西村正美! 昭和29年にマーキュリーへ移籍し その年の
  12月に「純情やくざ」という曲で再スタートをしました

  このレコードは 昭和30年11月に発売されたマドロス物で
  「南のマドロスさん」という曲です クセが無くてソフトで
  伸びのある歌声は 聴いていてホントに心地いいです
  私の大好きな歌手の一人!
  片面は 瀬川伸の「待ってておくれ」

                              発売曲一覧

  昭和23年に中村耕造とのデュエット「異国の丘」で大ヒットを
  飛ばした竹山逸郎でしたが 昭和25年に師であった作曲家の
  東辰三が亡くなってからは “これッ” といったヒットが出ず
  その後はビクターを離れ テイチク 〜 キングと渡り歩き
  昭和30年3月に「熱い涙を流そうよ」という曲でマーキュリーから
  再出発しました

  このレコードは 昭和30年4月に発売された2曲目の
  「恋は無情」という曲で 片面は 藤島桓夫の「俺は船乗り」

                              発売曲一覧

  昭和22年に ビクターから出した「港が見える丘」が大ヒット!
  その後 テイチクへ移籍し そしてキングへ・・・。 やがて
  昭和30年 竹山逸郎と共に仲良くマーキュリーに移籍し
  「お別れしましょう」と言う曲で再スタートを切った 平野愛子!

  このレコードは 昭和31年2月に発売された「あきらめて」と
  いう曲で 官能的な彼女の歌声を目一杯堪能できる一曲です
  片面は 藤島桓夫の「船から来た男」

                              発売曲一覧




メニューヘ戻る

ホームヘ戻る



inserted by FC2 system