アサヒ蓄音器

 

前身は 大正12年12月設立の「大和蓄音器商会」で 大正14年6月 同社の経営を引き継ぐ形で
神野三郎を社長に「アサヒ蓄音器」として 名古屋市東区に設立されました メインとなるレーベルは
「ツルレコード」ですが その他にも「アサヒ」「サロン」「サンデー」「シスター」「ルモンド」「スメラ」「エンゼル」
「タイガー」「アヅマ」「東邦(個人吹き込み盤)」のほか 中国語盤の「鶴標」「声朗」「月虎」「栄利」など
多くのレーベルを持つことでも知られています また 自社盤以外にも「エヂソン」「センター」「サービス」
「スワン」「八千代」「コンパル」「ミカド」「クラウン」「琉球ツル」「アカツキ」「コーオン」などの委託盤も
多く製作しました

その後 アサヒ蓄音器は 昭和18年8月19日に「アサヒ合成工業」となりました
これが 登記上確認できるレコード会社としての同社の最後だそうです

ツルレコード
アサヒ蓄音器

ツルレコード
アサヒ蓄音器

アサヒレコード
アサヒ蓄音器

アサヒレコード
アサヒ蓄音器

サロンレコード
アサヒ蓄音器

ルモンドレコード
アサヒ蓄音器

サンデーレコード
アサヒ蓄音器

センターレコード
委託盤
アサヒ蓄音器

センターレコード
委託盤
アサヒ蓄音器

 

メニューへ戻る

ホームへ戻る

 

inserted by FC2 system