内外蓄音器

 

大正13年8月10日 松田文蔵、森垣二郎らによって「合資会社 内外蓄音器商会」として
兵庫県西宮市今津に設立され 翌年の大正14年3月1日に第一回の新譜を発売します

 

内外レコード
内外蓄音器

内外レコード
内外蓄音器

ナイガイレコード
内外蓄音器

 


太平蓄音器

 

合資会社だった内外蓄音器は 昭和5年11月5日に「株式会社 太平蓄音器」となり
新社長に松田文蔵の弟 松田光真を迎え 貝星印 タイヘイレコードとして再スタートをします
そして 昭和10年11月1日には 関西の老舗だった日東蓄音器と合併し「大日本蓄音器」
となりますが レーベルは そのままタイヘイレコードとしました しかし 昭和17年2月1日には
キングレコードの親会社だった講談社に併合され 西宮の工場はキングレコードの工場となります

タイヘイレコード
太平蓄音器

タイヘイレコード
太平蓄音器

タイヘイレコード
大日本蓄音器

タイヘイレコード
大日本蓄音器

タイヘイレコード
大日本蓄音器

タイヘイレコード
大日本蓄音器

タイヘイレコード
大日本蓄音器

キリンレコード
太平蓄音器

コメットレコード
太平蓄音器

 

オリムピアレコード
太平蓄音器

タイヘイレコード
講談社

 

 


タイヘイ音響

 

昭和25年1月 かつての太平蓄音器の同士たちによって西宮工場がキングレコードから買い戻され
昭和25年6月 社名を片仮名の「タイヘイ音響」に改め タイヘイレコードが再スタートを始めます

タイヘイレコード
タイヘイ音響

 


日本マーキュリー

 

昭和27年 タイヘイはアメリカのマーキュリー社と契約し 翌年の昭和28年6月1日に 社名を
「日本マーキュリー株式会社」と改め ジャズなどの洋楽盤を発売する一方 東海林太郎、瀬川 伸
岡晴夫、田端義夫などのベテランに加え 藤島桓夫、野村雪子、松山恵子などの新人歌手の
活躍によって隆盛を極めますが 昭和30年 ビクターに野村雪子を引き抜かれたのに加え
昭和33年9月 歌謡曲に進出してきた 東芝レコードによって藤島桓夫や松山恵子だけでなく
当時の作詞家や作曲家までが集団で引き抜かれ一気に会社は傾きはじめます そして 昭和35年には
休業状態に陥ってしまいました その後は 委託盤の製作などをしていましたが 昭和55年8月
土地売却の為 残っていた工場なども空け渡しとなり 内外蓄音器にはじまる長い歴史が終わりました

マーキュリーレコード
日本マーキュリー

 

メニューへ戻る

ホームへ戻る

 

inserted by FC2 system