時枝商店

 

明治44年3月 日本で二番目のレコード会社として 神戸市元町通三丁目に誕生した会社! 創業者は
時枝利三郎と言う人物で はじめは 明治29年に「時枝洋物店」と称して舶来の雑貨などを扱う店を
開業します そして 後に蓄音器やレコードを扱うようになりました この時枝商店に関しては長い間謎
でしたが 神戸新聞の山崎整(やまさき ただし)氏の調べで自社製作をしていたと言う事実が解明
されました(神戸新聞「関西発 レコード120年」より) 但し 初めから自社製作をしていたのではなく
盤質が米ビクターのレコードに似ていることから 最初は米ビクターにて委託製作していたのではないか
と言われています

ミカドレコード
時枝商店

 

「ミカド」 と称するレコードは この時枝商店の 「バイオリンを弾く猫印」 のレーベルの
ほかに 快声堂が発売した 「王冠にGES印」 「合掌造りのような印」 の2種類と
「御所車」 の描かれた複写盤の3種類があります

 

メニューへ戻る

ホームヘ戻る

 

inserted by FC2 system