東京蓄音器

 

大正2年 米山正、大橋新太郎、倉知誠夫らによって 東京 日本橋に設立され主に浪花節や義太夫などの
レコードを製作していました その後は童謡や歌劇のレコードも製作するようになります 商標は富士山印で
大正10年10月には 日蓄の傘下となりますが 大正14年 同社と「スタンダード蓄音器」「帝国蓄音器商会」
「三光堂」の4社が合併し「合同蓄音器」を設立します但し レーベルは これまでどおり富士山印としました

トウキョウレコード
東京蓄音器

東京れこをど
東京蓄音器

フジサンレコード
合同蓄音器

 

メニューヘ戻る

ホームヘ戻る

 

inserted by FC2 system