三光堂

 

三光堂は 明治32年 松本武一郎、片山潜、横山雄一郎らによって 東京 浅草に蝋管蓄音器店として
開業します その後 (独)ライロホン社と提携しドイツから技師を招き録音(出張録音)し 明治44年
このレコードを販売し 大正元年には 自社盤として「象印 スタークトンレコード」を発売します その後
大正12年3月に日蓄の傘下となり 大正14年 「東京蓄音器」「スタンダード蓄音器」「帝国蓄音器(東京)」
などと合併し 合同蓄音器となり「ライオン印」「クジャク印」「王冠印」などのレーベルでレコードを発売しました

スタークトンレコード

メノホン レコード

メノホンレコード

 

ホームヘ戻る

メニューヘ戻る

 

inserted by FC2 system