死 絵 
(しにえ)


 

死絵(しにえ)とは 浮世絵のひとつで 今で言うなら死亡広告のようなものです 江戸時代は
歌舞伎が盛んで各役者たちには多くのファンがいました そして人気役者などが亡くなると
肖像画に命日や戒名、墓所、追善の歌・句などを添えて浮世絵しとて発売されました
特に 八代目 市川団十郎は その端整な顔立ちから女性ファンも多かったのですが
嘉永7年に大阪で興行中 突然32歳の若さで自殺し その死があまりにも衝撃的だった
こともあって この時には百種以上の死絵が発売されたそうです

この死絵を見てみると 亡くなったのが嘉永7年(甲寅)8月6日 そして戒名が
「敬誠院浄延信士」 行年32歳で 大坂天王寺村 一心寺に葬られたことがわかります
中央には肖像画が掛軸として描かれ その下には ファンの女性たちが
団十郎の死を嘆く姿が描かれています



メニューヘ戻る

ホームヘ戻る


inserted by FC2 system