夜の訪問者

(徳間音楽工業 KA-539)

作詞:石坂まさを  作曲:城賀イサム  編曲:伊藤雪彦

唄:小川順子

昭和50年4月発売の「夜の訪問者」 歌っている小川順子は当時 順心女子学園高校
在学中の女子高生でした 十代の女性が歌う唄としては タイトルも歌詞の内容も
意味深な大人の雰囲気がするんですが 明るい歌声と曲調が そんな雰囲気を感じ
させないポップな曲になっています 二枚目のシングルとして出した「男の世界」も
ヒットしましたが その後 大きなヒットには恵まれず デビューからわずか3年後の
昭和53年3月に 引退してしまいました

B面は「恋はひとりぼっち」 こちらも シットリとしたいい曲です



メニューヘ戻る

ホームへ戻る



inserted by FC2 system