嘆きのボイン

(テイチク SN-908)

作詞・作曲:月亭可朝

唄:月亭可朝

月亭可朝と言えばこの曲! 当時ディック・ミネも絶賛したと言う名曲で 現代では
すっかり死語となってしまった うれしはずかし昭和の日本語「ボイン」なんと
愛らしい響きなんでしょう 平成の今「巨乳」などと言う下品な言葉に取って代わられて
しまいました やがて この「ボイン」という言葉の意味を知らない若者たちが
現れるのも そう遠くないような・・・。

ギターのコードを三つしか知らないと言う 可朝の言葉どおり
B面の「女は魔もの」も歌詞の内容が違うだけで 曲調は全く同じ

 

メニューへ戻る

ホームへ戻る

 

inserted by FC2 system