政子ちゃん音頭

(ビクター音楽産業 KV-3040)

作詞:井川喬  作曲: 高橋城  編曲:小六禮次郎

唄:大屋政子、ボニージャックス

大屋政子は 大正9年の大阪生まれ! 大阪音楽学校を卒業の後 コロムビアの歌手となり
戦後は 繊維会社「帝人」の社長 大屋晋三と結婚して その経営にも参加! その後
1980年代に 奇抜なファッションでテレビに登場し 独特の甲高い声で 亡き夫 晋三氏を
「うちのお父ちゃん」と称して話すコミカルなキャラクターで人気を博しました このレコードは
そんな 1983年
(昭和58年)に発売されたものです 一方 ボニージャックスは 昭和33年に
早稲田大学グリークラブに所属していたメンバー4人で結成されたコーラスグループで
流行歌に歌曲、童謡、ジャズ・・・と何でもこなす デュークエイセスやダークダックスと並んで
日本のコーラスグループの草分け的存在です 関西だと「パルナスの歌」で有名!

“大屋政子&ボニージャックス” という組み合わせは 一見するとミスマッチに思えるかも
知れませんが 個性の強い大屋政子の歌声をボニージャックスが やや控え目なコーラスで
サポートして なかなか味のある音頭に仕上がっています B面は 「恋ごっこのバラード」
作詞、山路洋平 作曲、西脇久夫 作曲、小六禮次郎で とっても良いバラードです
できればB面は ボニージャックスの歌だけで聴きたい・・・。

 

メニューヘ戻る

ホームヘ戻る

 

inserted by FC2 system