十三の夜

(テイチク SN-1066)

作詞・作曲: 藤田まこと  編曲:斉藤正雄

唄:藤田まこと

昭和37年5月から 大阪の朝日放送にてテレビ放映が始まった「てなもんや三度笠」で
あんかけの時次郎役を演じ 珍念役の白木みのるとのコンビで大人気となった藤田まこと
 昭和41年2月20日の放映では最高視聴率64.8%を記録したというから物凄い! その後
「必殺シリーズ」の中村主水 「はぐれ刑事純情派」の安浦刑事と 次々にあたり役を演じ
テレビや舞台で大活躍の藤田まことが 昭和46年に歌ってヒットしたのが この「十三の夜」
関西以外の方には“十三”は馴染みがないかもしれませんが ここは 大阪市淀川区ある
関西の有名歓楽街! 「十三」と書いて「じゅうそう」と読みます そんな十三で働く
おねえちゃんを主人公に歌ったのがこの曲! 今でも関西のカラオケでは定番の一曲です
曲のサビの部分 ♪ねえちゃん〜 ねえちゃん〜 十〜三〜の〜 ねえちゃん〜♪ が
印象的なので 曲のタイトルを「十三のねえちゃん」と間違えて覚えてる人がありますが
正しくは「十三の夜」です

作詞・作曲は A・B面とも歌ってる藤田まこと本人で 編曲は斉藤正雄
B面は「南海小唄」で こちらもノリが良くて歌い易く 私の大好きな一曲です

 

メニューヘ戻る

ホームヘ戻る

 

inserted by FC2 system