これが男だ

(コロムビア SAS-45)

作詞:星野哲郎  作曲: 船村徹

唄:覆面太郎

「なんじゃこりゃ?」思わずそんな声を上げてしまいそうな かなりインパクトのあるジャケットです
昭和38年7月に発売された このレコード! 歌っているのは“覆面太郎”と称する謎の人物!
最初見た時 映画「犬神家の一族」に出てくる 犬神佐清か? とも思いましたが 実際に針を
落として聴いてみると これが結構上手い! 曲全体には必要以上にエコーがかけられていますが
エコーなんかで誤魔化さなくても充分聴けます それで一体誰なのか? ・・・実はこの人物 漫才師
「青空千夜・一夜」の 青空一夜なのでした 何故に覆面歌手なのかは 当時を知らない私には
分かりませんが 恐らく話題性を狙ったのでしょう! それとも他に意味があるのか?

青空千夜・一夜は コロムビア・トップの弟子で 昭和35年に NHK漫才コンクールで優勝したのを
きっかけに テレビやラジオで人気を博し 漫才だけでなくテレビの司会者としても活躍しましたが
平成3年6月20日に 青空千夜が肝不全のため60歳で亡くなり その5年後の 平成8年4月23日
この覆面太郎こと 青空一夜も急性肺炎のため63歳で帰らぬ人となりました B面は「泣くな弟」

 

メニューヘ戻る

ホームヘ戻る

 

inserted by FC2 system