当代サラリーマン節

(東芝EMI TP-10016)

作詞:河原信  作曲:小曽根実  編曲:西脇功

唄:上方柳次・上方柳太

三遊亭柳枝の下で舞台の勉強をしていた二人が 昭和32年に漫才コンビとしてデビュー
したのが この上方柳次・柳太! メリハリの利いた柳次のツッコミと柳太の絶妙のボケで
人気を博して寄席やテレビで大活躍し 昭和51年には 上方漫才大賞の奨励賞も受賞
しましたが 昭和54年に柳太が死去しコンビは解散となりました 残された柳次
(写真 左)
若井けんじとコンビを組んで舞台に立ったりもしましたが やがてこれも解散し その後
昭和56年に 妻 一枝とコンビを組み 上方柳次・一枝として 柳次が亡くなる
平成10年まで 夫婦漫才として活躍しました

曲の方は いかにも “芸人さんのレコード” という感じで 歌詞の中には 二人の
掛け合いのセリフなども盛り込まれていて 往年の柳次・柳太の漫才を偲べる ファンに
とっては たまらない一枚です 作曲はと言うと これがなんと名前を見てビックリ! 
一流ジャズピアニストとして名高い小曽根実なのです 編曲はと言うと これまた
日本マーキュリーで数々のヒット曲を生み出した 西脇稔和こと西脇功!
B面は「まってて小唄」 これも一度聴いたら口ずさめる馴染みやすい曲です

 

メニューへ戻る

ホームへ戻る

 

inserted by FC2 system