ヨイトマケの唄

(キングレコード BS-261)

作詞・作曲:丸山明宏  編曲:川上英一

唄:丸山明宏

昭和40年7月に発売された 丸山明宏(現 美輪明宏)の名曲「ヨイトマケの唄」
ヨイトマケとは 三角に組んだ丸太の真ん中に滑車をつけて そこに吊るされた
おもりをみんなで引っ張って落とし 地ならしをする作業のこと またその作業に
従事する作業員を称して“ヨイトマケ”と言いました このおもりを持ち上げる時の
掛け声が歌の冒頭にある ♪父ちゃんの為ならエ〜ンヤコ〜ラ〜 母ちゃんの
為ならエ〜ンヤコ〜ラ〜 もひとつおまけにエ〜ンヤコ〜ラ〜♪ と言う有名な文句

ある日 学校で「ヨイトマケの子供」と言うことでいじめられ くやし涙にくれながら
泣いて帰ろうとした少年が その道すがら泥にまみれて一生懸命ヨイトマケに従事する
母親の姿を見て一大決心をし 勉学に励み やがてエンジニアになるという物語が
一番から六番までの歌詞に歌われた感動の一曲 歌詞に差別用語を含むと言うことで
テレビやラジオで流れる機会がないのが とても残念!

B面は 同じく丸山明宏 作詞・作曲で 川上英一 編曲の「ふるさとの空の下で」

 

メニューヘ戻る

ホームへ戻る

 

inserted by FC2 system